FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Estaldの魅力を語る

やぁ。
子供に好かれやすいうしです。

なんか電車の中とかで私の顔を見ただけで子供たちは笑顔になるのですが、私の顔はそんなに面白いんですかね?
まぁ、子供好きなのでいいんですがね。

変な意味じゃないよ。
ロリコンの気はありません。
きっと。

早苗さんは俺の嫁。



それはさておき、Estaldの魅力を語るとなっていますが、ぶっちゃた話無茶振りもいいところですね。
振ったの自分ですが。

Estaldは一般的なRPGとは異なり、武器固定方式になっています。
したがって、武器変更して戦略的に楽しむ、といった遊び方はできません。

その代わり、キャラクター一人一人に特殊な戦闘システムや戦略が設けられています。
その点は魔術設定と深く関わっています。

その世界には三大魔術体系と呼ばれるものがあり、以前語ったとおり現在主流のシムノス式魔術、衰退の一途を辿る精霊魔術、そしてイミット式魔術と呼ばれる格闘術から派生した魔術の3種類です。

あんまりネタバレすると相方にプンスカプンプンされるのであまり語ることはしませんが、ちょこっと掲載。



《精霊魔術》
世界最古の魔法形態。
シャーマニズム思想から発展し、儀式によって精霊の力を借りて効果を得る。

《シムノス式魔術》
作中現在最も普及している近代的な魔術形態。
これまでの魔術とは異なり、儀式を必要とせず、方程式と呼ばれる術式を用いる。
自前の魔力は方程式の発動にのみ使用するので、あまり消費しない。

《イミット式魔術》
前述の魔術とは全く異なる派生を遂げた魔術形態。
魔力ではなく気力を消費して術を発動させる。
気力は気合いなどのようなスピリチュアルなもので、魔力とは決定的に異なる。



イミットはこの中ではかなり異色な魔術ですが、使用者数は決して少なくはありません。

なので普及率はシムノス≧地デジ>イミット>>>>>|越えられない壁|>>>>精霊魔術
って感じ。
あくまでイメージですが。

また、キャラの性格や生い立ちによる特殊な戦闘システムも存在します。
お楽しみに。

回復魔法が使えるとか、攻撃力が高いとか、そういった事ではパーティーが組めないRPGを目指しています。

メリットの多いキャラはデメリットも多くなりますので注意が必要ですね。

グラフィックが完成すれば戦闘のシステム自体はすぐに完成するんですが、いかんせんドット絵が初めてなもので…。

あとシステムが完成したところで敵やダメージ計算処理がまだなので、公開はまだまだ遠いです。
ううむ、グラフィック自体ができてないって致命的だなぁ。

魅力どころが製作状況のヤバさが露見しただけジャマイカ。
うーん、困った困った。
スポンサーサイト
[ 2009/11/29 16:17 ] 同人活動 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://impactfc.blog68.fc2.com/tb.php/59-ad0455eb








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。