FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネタが無い

やぁ。
うしです。



突然ですが、ネタが無いですねー。
なので、製作中のゲームについてちょこちょこだべりますかー。

現在製作中のゲーム、Estaldには舞台になる国の他に、貿易関連で名前だけ登場する国などいろんな国が登場します。
その中で主要な国は5つありますが、特に重大な3つを軸にしてストーリーは進められます。



・騎士と鉄と剣の国
『エイクス王国』

・比較的近年に設立したシムノス魔術発祥の地にして魔術大国
『シムニベース連邦共和国』

・軍と武術の大帝国
『ヘルブレフト帝国』

この3国は対立、あるいは協力関係にあり、ヘルブレフトはシムニベースと戦争中で、エイクスはシムニベースに協力しています。

エイクスとヘルブレフトの対立関係は、以前から大国によくある小競り合いをしていたことに依るものです。
ヘルブレフトとしてはシムノス式魔術の数多の資料と魔術機械の加工技術のノウハウが欲しいので、シムニベースを植民地にすべく動いています。

同時に、エイクスがシムニベースと同盟を結んでヘルブレフト対抗するのは、普通にやりあって互角なヘルブレフトという大国にシムノス式魔術が加われば勝ち目が無くなるからという理由が大きい。

また、シムニベースと結託することで"穏便に"魔術のノウハウも得ることができる。

エイクスってなんだか客観的に見たら世渡り上手なイメージ。
悪く言えばずる賢い。
騎士大国なのに。

シムニベースは比較的歴史の浅い国なので、国の体裁としては周りに頼りがち。
実際のところ今の日本みたいな国です。

ヘルブレフトは我が道を行ってますね。
アメリカかな。


まとめますと、要するに『この世界は戦争中の不安定な状態』というわけですねー。
第二次世界大戦中の現実世界みたいなイメージですかね。

いや、規模はそこまで大きいわけじゃないから世界大戦ほどでもないが…。



とりあえずそんな感じ。



この世界観って言ったっけ?
まぁいいや。



したらお次はお待ちかねのキャラクター!
紹介するならこれこそって感じですよね。

ただしストーリーがいまだ未定なので、スタッフからの扱いについての紹介になります…。
スポンサーサイト
[ 2010/02/22 22:48 ] 同人活動 | TB(0) | CM(2)

Estald、本格的に製作開始

やぁ。
うしです。



とうとう本格的にプログラムに着手しだしました。
シナリオはまだ序盤しかできてないけど←

現在は基本システムということで、メニューやパーティ編成システム、戦闘システムの土台を構築しております。
と言っても今作はRPGツクールなので座敷は高くないです。
出来のスピードはシナリオの完成スピードと私のインスピレーション次第。

とりあえずロボット向けに来年からプログラミングが始まるので、基礎をそこで習得してゲームは独学かなぁ。
もちろんロボットも作りたいのですが、フル3DRPGなんかも作ってみたいのです。



とりあえずグラフィックはまだ最初から付属しているRTPのものを使っているという段階なので、徐々に構築していきたいですね。
音楽も探さなきゃ。

今作の特徴はやはりプレイヤーに喧嘩を売っているとしか思えない戦闘システムですね。
ほとんどが共通とは言え、キャラごとに戦闘システムがあるというのは非常に面倒だと思います。

まぁ、初期コンセプトからは外れてないのですが←



とりあえず待っている方もいらっしゃるので(HAMINAさんとかHAMINAさんとかHAMINAさんとか)、来年までには見事完成させれたらいいなぁと思ってます。
理系の学科は忙しいと聞くので……というか、実際忙しいので来年からはどうなるかわからないですが。

とりあえずこの春休みが勝負ですな!



……こんなんで同人誌描けんの?
趣味でも忙しいんだぜ……。
まぁ、いずれにしてもフィギュアは作るけどね!

…とりあえずペンタブとスキャナが帰ってこないことにはお話にならないので、それまではひたすらRPGに専念したいと思います。
嗚呼、早速壁にぶち当たる同人生活。



あぁ、そういえば今日は溜まりに溜まったアニメやドラマを見ました。
と言っても最近のアニメやドラマはあまり面白いのがないのでほとんど見てないのですが。

ドラマは天地人の最後あたり龍馬伝見ました。
ハッキリ言って時代劇と踊る大捜査線とか以外は日本のドラマは好きじゃないです。

私は専ら外国ドラマ専門で、クリミナル・マインドとかX-FILEミレニアムとかが特に好きですね。
最近の日本のドラマは出来が悪い。
アニメ的な演出がやりたいならアニメでやりなさい。



で、アニメはとある科学の超電磁砲と中古で買うだけ買って見てなかったフルメタル・パニックのDVD、そして勇者王ガオガイガーです。

超電磁砲は近年稀に見る良作だと思うんですよわたしゃ。
禁書目録の時もそうでしたが、あの作品群の設定はどうやら私のどストライクみたいです。

んで、フルメタル・パニックは私の青春←
この人の原作はほぼすべて揃ってます(短編の4巻だけ無い)。
私はリアルロボット趣向なのですが、このややミリタリー味の強い設定はとても好きです。
今作に登場するロボット、アームスレイブも比較的他メカ作品よりもロボティクスに忠実になっているので「なるほどなー」と思える場面もちらほら。

でもガオガイガーも好きですねぇ。
あれは放映当時はエヴァと張り合える数少ないアニメだったようですね。
かくいう私もリアルタイムで見てました。

ああいうスーパーロボットも好きなのですが、あの作品の何がいいってやっぱり合体シーンですよねぇ。
見たことの無い人は合体シーンだけでも是非。
アツくなれること請け合いです。



っていうかそんなことはどうでもいいんですよ。
同人どうしよう。



そしてコメレスッ!

>蒼士さん
お久しぶりにございます。
まぁ確かに結構忙しいですが、このくらい乗り越えられなければ!
でなければ同人活動など言語道断不可能奇妙の得手不得手にござりまする!

私も頑張りますので応援とか罵声とかよろしくお願いしますw



同人誌…もしゲストページが作れたら

描 か な い か
[ 2010/02/08 00:30 ] 同人活動 | TB(0) | CM(1)

お久しぶりデス

やぁ。
うしです。

あけおめから早1ヶ月ですよ、ジェニファー。
ジェニファーって誰だよ。



んで、突発的に思いついたんですが…




今年の春休みはおぜうのフィギュア作ろう



ホント突然ですね。
作ったところで置く場所なんてないのですが、まぁ作ることに意義があるってことで。


それはそうと、同人誌描き始めました。
大きなイベントでは間違いなく売れないので(商売を中心に考えてるわけではないのですが、学生としてはある程度もとが取れないと後々キツイ…)、小さなイベントに少しだけ印刷して出そうと思います。

コピー本にすべきなんでしょうけど、何を思ったかオフセットにしようとしてます。



こんな私を笑ってください。
あわよくばレミリアのフィギュアも出来次第では領布ってことで。



そんなわけで今ネームです。
まさか同人誌で見開きページを描くとは思わなんだ。

けっこう分厚くなる予定。



RPGもまだ設定段階ですが、マップやラスボス、隠し要素、ネタ要素について話してます。
.hackシリーズをご存じの方はおなじみですが、今回作るゲームにパロディモードを導入したくありましてですね、1本のゲームで2本のシナリオを楽しめる、1粒で2度美味しい的なことを考えています。

言わずもがなパロディモードはギャグ回、ニコニコのタグ風に言えば「公式が病気」です。



あぁ、はやくプログラム作りとうございりまする!



そしてコメレスッ!



>HAMINAさん
あんまり「コレ絶対欲しいなぁ!」っていうのがないですよね、最近。
Core2 DuoとかPentium4とかの時代だったら「ヤバイ、絶低欲しい!」てなってたんですが…。

波乱になりそうなのはグラボですね。
携帯ゲーム機もそうですが、携帯用は新型が連続してでるからどれが今後の標準になるのか…っていうのはもう決まってるのかな?
駄作はバッチこいですw

今年も頑張ってくださいなー!

>MYUTOさん
無論知ってますぜ。
というか前来なかったっけ?

んんー?w

とりあえずよろしくー!
[ 2010/01/26 22:31 ] 同人活動 | TB(0) | CM(1)

Estaldの魅力を語る

やぁ。
子供に好かれやすいうしです。

なんか電車の中とかで私の顔を見ただけで子供たちは笑顔になるのですが、私の顔はそんなに面白いんですかね?
まぁ、子供好きなのでいいんですがね。

変な意味じゃないよ。
ロリコンの気はありません。
きっと。

早苗さんは俺の嫁。



それはさておき、Estaldの魅力を語るとなっていますが、ぶっちゃた話無茶振りもいいところですね。
振ったの自分ですが。

Estaldは一般的なRPGとは異なり、武器固定方式になっています。
したがって、武器変更して戦略的に楽しむ、といった遊び方はできません。

その代わり、キャラクター一人一人に特殊な戦闘システムや戦略が設けられています。
その点は魔術設定と深く関わっています。

その世界には三大魔術体系と呼ばれるものがあり、以前語ったとおり現在主流のシムノス式魔術、衰退の一途を辿る精霊魔術、そしてイミット式魔術と呼ばれる格闘術から派生した魔術の3種類です。

あんまりネタバレすると相方にプンスカプンプンされるのであまり語ることはしませんが、ちょこっと掲載。



《精霊魔術》
世界最古の魔法形態。
シャーマニズム思想から発展し、儀式によって精霊の力を借りて効果を得る。

《シムノス式魔術》
作中現在最も普及している近代的な魔術形態。
これまでの魔術とは異なり、儀式を必要とせず、方程式と呼ばれる術式を用いる。
自前の魔力は方程式の発動にのみ使用するので、あまり消費しない。

《イミット式魔術》
前述の魔術とは全く異なる派生を遂げた魔術形態。
魔力ではなく気力を消費して術を発動させる。
気力は気合いなどのようなスピリチュアルなもので、魔力とは決定的に異なる。



イミットはこの中ではかなり異色な魔術ですが、使用者数は決して少なくはありません。

なので普及率はシムノス≧地デジ>イミット>>>>>|越えられない壁|>>>>精霊魔術
って感じ。
あくまでイメージですが。

また、キャラの性格や生い立ちによる特殊な戦闘システムも存在します。
お楽しみに。

回復魔法が使えるとか、攻撃力が高いとか、そういった事ではパーティーが組めないRPGを目指しています。

メリットの多いキャラはデメリットも多くなりますので注意が必要ですね。

グラフィックが完成すれば戦闘のシステム自体はすぐに完成するんですが、いかんせんドット絵が初めてなもので…。

あとシステムが完成したところで敵やダメージ計算処理がまだなので、公開はまだまだ遠いです。
ううむ、グラフィック自体ができてないって致命的だなぁ。

魅力どころが製作状況のヤバさが露見しただけジャマイカ。
うーん、困った困った。
[ 2009/11/29 16:17 ] 同人活動 | TB(0) | CM(0)

同人ゲーム「Estald」

やぁ。
うしです。

今日は現在製作中の同人RPG、「Estald」の設定とかを当たり障りのない範囲でちょこっとだけ紹介していくよ。
テストプレイもままならないほど製作中なので、体験版とかはまだ先になりそう。

多分フリーソフトになるけど。



時は近代魔法と呼ばれる“シムノス式魔術”が世界を座巻している時代。
シムノス式魔術は人間の持つ微量な魔力を、媒体を介して増幅するといったもので、誰もが使える魔法とし登場した。

これまでのシャーマニズム的な祈願による精霊魔法も不必要となり、また、精霊の力を借りて人々に救いを与えてきた聖職者たちも減少し、結果として信仰は失われた。
人々はこの便利な魔法に酔いしれ、神々への感謝を忘れ、ついには精霊の姿さえ見ることができなくなってしまっていた。
彼らは生活の利便性を選んだのだ。
この魔法がもたらした機械技術によって人々は自然環境を破壊し、次々と開発を進めて行く。

そんな中、こうした発展をよく思わなかった者たちは自然の中に集落を作り、自然と共生しながら生活を送る道を選んだ。
昔ながらの生活を選んだ彼らは厳しい戒律で自らを縛り、外界から隔絶することで魔術が集落に入ってこないようにした。

望むことならば、寛大なる神の懐にて変わらぬ日々を、変わらぬ幸福を。
彼らには今の人間がもはや見ることができなくなってしまった精霊が見え、今なお彼らの力を借りて生活している。



こんな世界ですね。
相方に「どっかで見たような・・・」と言われました。
しかし、私はRPGをほとんどやったことがないので(DQ3とFF7しかやったことがない)、一応パクリではないんです・・・けどねぇ・・・^^;

まぁ、ダブリは仕方ないということにしときますか!←
もちろんパクリはだめだけど・・・。

さて、世界観自体にこのゲームのテーマ性を見出すことができるように作る心がけはしたのですが、さっぱりわかりませんね。

この世界観だけでテーマ、わかりました?
わかったなら奇特な人です(ォィ

ドット絵とかも作ってないし、シナリオも序盤~中盤についてじっくり吟味しているところなので、まだまだ完成は遠いです。
それとは別にC++を独学でやってるので、なおさら・・・。
よくて来年?

魔術や国の設定ももあるので、期を改めて掲載したいと思います。
アングラ的な部分(機会的な意味で)だったりするからシナリオにも影響しないし、別に掲載してもいいよね相棒よー。
[ 2009/11/15 18:48 ] 同人活動 | TB(0) | CM(3)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。